Play New Map City 主催

2021年10月16日(土)・11月3日(水・祝)

公演チケット予約

劇場空間を再発見する試みとしてダンサーAokidと協働して開催しているパフォーマンス企画「Play New Map City」。今回はタップダンサーの米澤一平、コンテンポラリーダンサーの小暮香帆をゲストに迎え、全年齢から参加できるプログラムを2カ月続けて開催します!

Play New Map Cityは2018年から劇場を普段とは少し異なる方法で開いていくことや、それによって別の視点をクリエーションに取り入れることを目的にSTスポットで不定期に開催しています。これまで他分野のアーティストをゲストに招いて様々な要素を取り入れた制作や、上演とは違う方法での劇場での過ごし方を考案したりしてきました。
今回はドローイングやイラストのビジュアルアートとダンスのパフォーマンスをゲストアーティストともに行います。子どもから参加出来るワークショップもあわせて開催します!
ぜひ普段とは違う面持ちで劇場に体験しにきてください。(Aokid)


ディレクター:Aokid(ダンサー・振付家・アーティスト)
ゲスト:【10/16(土)Bプログラム】米澤一平(タップダンサー・アーティスト)
    【11/3(祝)Dプログラム】小暮香帆(ダンサー・振付家)

■日程・プログラム内容
【Aプログラム】10月16日(土)13:30~15:30 
※配信は13:00~プレパフォーマンスあり
パフォーマンス/ワークショップ「うごかす、つかう!体とペンと言葉」
Aokidによるビジュアルアートと身体を使ったパフォーマンス、ダンスとドローイングのワークショップ。一緒にからだを動かしたり、絵を描いたりします!

【Bプログラム】10月16日(土)16:30~18:30
ゲストとパフォーマンス(with米澤一平)/ミニワークショップ
タップダンサー米澤一平とAokidの2人によるパフォーマンスとミニワークショップ

【Cプログラム】11月3日(水・祝)13:30~15:30
※配信は13:00~プレパフォーマンスあり
パフォーマンス/ワークショップ「うごかす、つかう!体とペンと言葉」
Aokidによるビジュアルアートと身体を使ったパフォーマンスとダンスとドローイングのワークショップ。一緒にからだを動かしたり、絵を描いたりします!

【Dプログラム】11月3日(水・祝)16:30~18:30
ゲストとパフォーマンス(with小暮香帆)、ミニワークショップ
ダンサー小暮香帆とAokidの2人によるパフォーマンスとミニワークショップ

※各プログラム 10分前より開場


■チケット
【A~D 来場チケット】一般 2,000円/25歳以下 1,500円
*入場定員各回6名
*18歳まで入場無料
*未就学児歓迎!(3歳以上の方はマスク着用にご協力ください)
*ライブ配信を行いますので、ご来場のみなさまが配信映像に映り込む可能性がございます。あらかじめご了承ください。

【A・B/C・D配信チケット】一律1,200円
*配信はC・Dを通しで視聴いただけます。

■お申込み
【A~D 来場チケット】https://stspot.jp/ticket/
*未就学児がいらっしゃる場合、備考欄に年齢を添えていただけますと幸いです。
*25歳以下の方は当日受付でご年齢がわかるもののご提示をお願いいたします。

【C・D配信チケット】https://st-spot.zaiko.io/e/pnmc202111
*配信チケット購入済の方は11月6日(土)23:59までアーカイブ視聴いただけます。
*チケットの購入・動画の視聴には電子チケット販売プラットフォーム ZAIKOへの登録が必要となります。配信のURLは購入したZAIKOアカウントのみで閲覧可能です。
*配信チケットご購入後の公演延期・中止以外の理由に伴うキャンセル・変更・払い戻しはできません。

■感染症対策について
・発熱や体調不良の症状がある場合は、ご参加をお控えください。
・入場前に検温を行います。37.5℃以上の方はご入場いただけません。
・入場前の手指消毒、施設内でのマスク着用をお願いいたします。
・そのほか、STスポットの感染症対策(https://stspot.jp/news/1644.php)をご確認ください。

■プロフィール
Aokid /ダンサー・アーティスト

©Shinichiro Ishihara

1988 年生まれ。AokidCity、どうぶつえん主宰。20 歳までブレイクダンサーとして活動後、美術や上演作品の制作を開始。パフォーマンスアートや音楽家、美術作家など他ジャンルの作家と様々な形で共同制作を行う。公園に集い移動しながら発表をし合う活動「どうぶつえん」や「ストリートライブ& ビール」により、パフォーマンスの力を用いた東京でのふるまいの拡張を積極的に提案している。『フリフリ』(橋本匠との共作)にて2016 年横浜ダンスコレクションコンペティションⅠ審査員賞受賞。2018 年夏、Bangkok Biennial にて篠田千明との共作『Tiger,Tiger』を発表。
ninjaaokid16.wixsite.com/aokid

米澤一平 /タップダンサー・アーティスト

©Nishi Junnosuke


タップダンスの技術をベースに、足を使ったプリミティブでミニマムなリズムを生み出す身体性と打楽器音楽の性質を自身の表現の軸としながら、さまざまな空間や環境との調和を探り、音、身体、空間、光、振動、映像、声、時間など、異なるメディア表現との対話と共存を試みる実験的パフォーマンスを行う。
また企画者として、表現者と鑑賞者が、『居る』『観察する』ことにおいて対等に関係し、空間や時間の経過を共有しながらその場に起こるそれぞれのリアルタイムでの感情や実感から積極的能動体感を引き起こし、様々な視点からの体験を共有し合う場を作る。
幼い頃より、異なる存在が並ぶことによって感じる違和とそれらが出会うことへの好奇心、時間の経過による調和、或いは変容していく様子に興味を持ち、2014年よりアーティストとして300回以上のコラボレート作品や即興パフォーマンスを行う。

小暮 香帆 /ダンサー・振付家

©︎北岡稔章


6歳より踊り始める。自身の作品を発表しながら劇場、音楽ライブ、メディアなど様々な領域で活動。ソロ作品「ミモザ」(2015)は初演以来3ヶ国9都市で上演される。また笠井叡はじめ多数振付家作品に出演、海外ツアーに参加。近年はオーケストラ、他ジャンルのアーティストとのコラボレーション、グループ作品、映画の振付もおこなう。めぐりめぐるものを大切にして踊っている。https://kogurekaho.com


■お問合せ
STスポット
[TEL]045-325-0411 [MAIL]tickets[a]stspot.jp
*[a]を@に変更して送信してください。

共催:横浜アーツフェスティバル実行委員会
主催:STスポット
Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2021 共催

戻る