岡田智代×大谷能生 『カシオペアの背中』(TPAM2020フリンジ STスポットセレクションvol.3参加作品) 共催

2020年2月14日(金)-2月16日(日)
Tomoyo Okada × Yoshio Otani“The Back of Cassiopeia” English information (click here!)

[Dance]Tomoyo Okada
[Music]Yoshio Otani

[Venue] ST Spot

[Date] 2020.2.14(Fri.) – 2.16(SUN.)

[Time] 2/14(Fri.) 15:00 2/15(Sat.) 15:00 2/16(Sun.) 15:00

[Running Time]
approx. 70 min.

[Language] Japanese and English

[Admission]
Adv General ¥3,000
Door General ¥3,500
TPAM Registrant Benefit: ¥2,000 (TPAM Pass required) Please make reservation from the TPAM. https://www.tpam.or.jp/program/2020/en/?program=st-spot-selection-vol-3
Co-organized by ST Spot Organized by Contrail

[Contact]cassiopeia.ticket@gmail.com

Tomoyo Okada × Yoshio Otani
A collaborative performance between dancer Tomoyo Okada and musician Yoshio Otani. Okada’s work focuses on the time that vanishes in the gaps between things and between people. She arranges this vanished time to create highly personal motifs, transforming it into transcendent dance. Otani does not simply compose and arrange music for the performance. Rather, he creates a parallel layer of a sound and musical performance that intervenes into the temporality of Okada’s dancing, all the while flawlessly maintaining a sense of distance from Okada.


さっき、今さっき、すばやく、ずっと先。
後ろと下、上と前、ゆっくり、背中とつま先。
どこから来た、どこへ行く。
うっすらと光りながら上昇。

過去・現在・未来のかけらをコラージュし、時間を往き来するこのライヴ作品は2019年6月に三鷹のSCOOLで初演。今を生きる岡田の身体から生まれるダンスは、ともすると降り積もる記憶の比重が大きくなるが、大谷の音楽がそれを今此処に繋ぐ。やがて音楽とダンスは少しだけ先の未来に手を伸ばしていく。 〈カシオペア〉 ・北天でひときわ目立つ星座。 ・ミヒャエル・エンデの『モモ』に出てくる亀。少しだけ先の未来がわかる。モモが窮地に立つと現れ、甲羅に浮かぶ文字で進むべき道を示す。


ダンス:岡田智代 音楽:大谷能生
出演:岡田智代 大谷能生

日程:2020年2月14日(金)-2月16日(日)
14日(金)15:00
15日(土)15:00
16日(日)15:00
*受付開始は開演の30分前、開場は20分前
*日時指定・全席自由
*上演時間:約70分

料金: 前売 3,000円 当日 3,500円
TPAM参加登録者特典 2,000円(要TPAMパス)
予約フォーム:https://www.quartet-online.net/ticket/cassiopeia-2

TPAM参加登録者はTPAMウェブよりお申し込みください。
http://www.tpam.or.jp/

スタッフ:
照明・音響オペレーション:三橋俊平
衣装アドバイザー:臼井梨恵(モモンガ・コンプレックス)
イラスト:Aokid
チラシデザイン:白井愛咲
制作:萩谷早枝子(STスポット) 小野寺里穂
協力:ダンス作戦会議 モモンガ・コンプレックス

共催:STスポット
主催:Contrail

お問い合わせ:cassiopeia.ticket@gmail.com

岡田智代
ダンサー。1956年生まれ。大学卒業後ダンスから離れ日本航空国際線客室乗務員として勤務。結婚後三児の母になった後再び踊り始める。ソロ活動の他、ジェローム・ペル、多田淳之介、捩子ぴじん、モモンガ・コンプレックス、山下残等の作品に出演。近年は演劇にも幅を広げ柴幸男作品に出演。炸裂するエネルギーと静謐な時間を合わせ持ち、動きの中心を探る。生きるように踊る。

大谷能生
音楽/批評。1972年生まれ。多くのバンドやセッションに参加。最近のソロアルバムは「Jazz Alternative」(Blacksmoker)。著書に「貧しい音楽」(月曜社)「憂鬱と官能を教えた学校」(河出書房新社・菊池成孔との共著)「平岡正明論」(P-VINE)など。山縣太一主催のカンパニー、オフィスマウンテンでは俳優も務める。

戻る