『地上波 第四波』 主催

2018年8月24日(金)-8月26日(日)

公演チケット予約

快挙かもしれません。
2017年第三波に続いて今年2018年第四波を開催することになりました。
第一波から第二波までが3年、第二波から第三波までは5年もかかっていたのです。
今年は、物事の結実と新しい出発の戌年だからなのでしょうか?
第一波を始めたころからヒノモトはずっと曇天の空で、今にも雨が降りだしそうな気配が続いてました。
ところが今年になって、少し光明が見え隠れしている気がするのです。※2018年6月現在
この一筋の光明が、第四波が行なわれる8月には晴れ間に変わっていく頃合いに違いないとの「読み」、または「願い」がそうさせているのかもしれません。
あー、お犬さま、綱吉さま、、、

さて毎度おなじみ「地上波」とは何か?から始めたいと思います。
実はこれを書いている前日にとある振付家から、出演者はTVに出るの?という質問を頂きました、、
ですよね、紛らわしいですよね?
第一波の頃から、ちょうど「デジタル」だの「買い替え」だの「急げ」だのやかましかったじゃないですか?
繋ぎ止めに。

こちとら20年前にTV捨てちまったい!
地上波とはな、地べたの上で人がウェ~~ブになることを言うんでぃ!

とおっぱじめた訳です。

今回の番組を五十音順に載せています。
あ、番組と言えば起源はあれです。寄席とかでも使いますがもっと古い、能~狂言~能からですよ。

そして今回も3日間演るのですが、真ん中の日の公演を終えた直後にアフターDJというか、
STスポットがクラブになる、DJナイト「地下波」を開催することになりました。
お客さんと出演者とのアフター対話などもできるようまったり始めて、、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
DJ Ushikawaによってこの日だけSTスポットがクラブになる。
踊るもよし、座って飲むもよし、出演者と会話するもよし。
STスポット未体験ZONE!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
シンタイ ヲ トレモロ す       


出演:
川﨑麻里子(ナカゴー)[作・演出:太田信吾]
後藤ゆう
東島未知(COLONCH)[音楽:武田直之]
政岡由衣子(BATIK)

日程:
2018年8月24日(金)-8月26日(日)
8 月24 日(金)19:30
8 月25 日(土)17:00 ★
8 月26 日(日)15:00
★アフターイベント DJナイト「地下波」開催(地下波ゲストダンサー 細川麻実子)
*受付は開演の30分前、開場は20分前

料金:
一 般|2,800円   25歳以下|2,500円
DJナイト「地下波」1,000円+ドリンク代(「地上波」にもご来場・ご予約の方はドリンク代のみ)
*予約開始7月18日(水)より

お問合せ
STスポット
[TEL]045-325-0411 [MAIL]tickets@stspot.jp [WEB]http://stspot.jp/

出演者プロフィール

川﨑麻里子

1984 年 神奈川県生まれ。2008年からフリーで演劇を始め、2013年より劇団ナカゴーに所属。主な出演作は、チェルフィッチュ『スーパープレミアムソフトWバニラリッチ』、『チェルフィッチュの映像演劇「渚・瞼・カーテン」』、ほりぶん『荒川さんが来る、来た』、東葛スポーツ『ハウス』、今泉力哉監督『足手』。2016 年からNHKEテレ『シャキーン!』にてモモエ劇団として出演。主に舞台での活動、近年はナレーションなども行う。

太田信吾

1985 年生まれ。長野県出身。映画監督・演出家・俳優・テレビディレクター。大学では哲学を専攻。長編ドキュメンタリー映画『わたしたちに許された特別な時間の終わり』が山形国際ドキュメンタリー映画祭2013 で公開後、世界12カ国で公開。俳優として演劇作品、ドラマ等に出演。2017 年には初の映像インスタレーション・パフォーマンス作品を韓国のソウル市立美術館で発表。またテレビディレクターとして「旅旅しつれいします。」(NHK 総合)、「情熱大陸」(TBS) 等の演出を担当。

後藤ゆう
(撮影:早川倫永)

平成元年生まれ。静岡県富士宮市出身。幼少よりモダンバレエを始める。2012年よりダンサーとして、大橋可也&ダンサーズ、関かおりPUNCTUMUNでの活動を中心に、様々な振付家の作品に参加。劇場やそれ以外の場所、国内外での公演を経験する。2015年に「混浴温泉世界・ベップ秘密のナイトダンスツアー」にてソロパフォーマンスを披露。以来、今回で人生2度目のソロダンスとなる。

 

東島未知
(撮影:bozzo)

幼少よりクラシックバレエを習い、お茶の水女子大学舞踊教育学コースにてコンテンポラリーダンスをはじめる。大学院入学後、武道を習いながら、ダンスを理論と実践の両側面から探求。2009年よりCOLONCHを結成し創作活動を開始。単独公演等を企画し、主に群舞を創作する。主な振付作品は「エスケープ」で、2013年ダンスがみたい!新人シリーズ11新人賞を受賞。2014年福岡ダンスフリンジフェスティバルvol.7に参加し観客賞受賞、2017年vol.10に「幸福論」で参加。会社員として仕事をしながら、活動を続ける。

 

政岡由衣子

1986 年大阪生まれ。8 歳よりクラシックバレエを山本小糸、合田祐子に学ぶ。05 ~ 09 年に渡蘭し、コダーツロッテルダムダンスアカデミーを卒業。帰国後、向雲太郎、白神ももこ、長塚圭史などの作品に出演。14 年より黒田育世主宰のBATIK にダンサーとして参加。

 

 

クレジット:
企画・音響:牛川紀政
フライヤーデザイン:宮川洋平(bulwark)
協力:ナカゴー、ハイドロブラスト、COLONCH、BATIK
助成:神奈川県、アーツコミッション・ヨコハマ(太田信吾氏の活動に対して)
主催:地上波 STスポット


関連企画 ワークショップ:※終了しました!
間を聴くワークショップ~低く受けて、高く放つための~
日程:7月22日(日)14:00-18:00
会場:STスポット
講師:牛川紀政
詳細:http://stspot.jp/news/668.php

戻る