柴幸男演出・リーディング公演 『ワイルダーで、ままごと』~ソーントン・ワイルダー『ロング・クリスマス・ディナー』より~

2010年1月26日(火)

何気ない日常の機微を丁寧にすくいとる戯曲と、ループやサンプリングなど演劇外の発想を持ち込む演出によって、新たな
視点から普遍的な世界を描く柴幸男。アメリカ現代演劇史における代表的な劇作家の一人であるソーントン・ワイルダーを
他人とは思えないと語る柴が、5日間で「遊ぶ」=「演劇する」ワークショップを経てのリーディング公演。

 

原 作:ソーントン・ワイルダー
演出:柴幸男(ままごと)

出演:柴幸男ワークショップ『ワイルダーで、ままごと』参加者

   青柳いづみ こいけけいこ 古賀菜々絵  中島愛子 二宮未来

   平田暁子 福岡佑美子 光瀬指絵 森岡望 森谷ふみ(五十音順)


公演日時:2010年1月26日(火) 18:30開場 19:00開演
会場:神奈川県民ホール 小ホール

 

入場料:全席自由 500円(前売・当日ともに)
*未就学児童 入場不可
*かながわアーツ倶楽部会員は10%割引

 

チケット取扱い・問合せ先:
神奈川県民ホールチケットセンター  045-662-8866<受付時間10:00~18:00>
インターネットチケットセンター http://www.kanagawa-arts.or.jp/tc/<24時間対応>
主催:神奈川県、財団法人神奈川芸術文化財団
企画協力:NPO法人STスポット横浜、ままごと
助成:平成21年度文化庁芸術拠点形成事業

 

【「ワイルダーで、ままごと」とは?】

ソーントン・ワイルダー『ロング・クリスマス・ディナー』をモチーフに、柴幸男が5日間で「遊ぶ」=「演劇する」
ワークショップ。(2010年1月20日~24日にSTスポットにて開催)

今回の公演は・・・そのワークショップ参加者によるリーディング公演です。

 

【ソーントン・ワイルダー(1897-1975)】
アメリカを代表する劇作家・小説家。領事の父に同行し、幼少期の一時を中国で過ごしている。イェール大学を卒業後、
プリンストン大学大学院でフランス文学の修士課程修了。1927年に小説『サン・ルイス・レイの橋』でピュリッツァー
賞を受賞し、一躍脚光を浴びる。1928年には最初の戯曲集『水面を動かした天使』を出版し、一幕劇集『ロング・
クリスマス・ディナー』(1931)を経て、代表作となる戯曲『わが町』(1938)『危機一髪』(1942)『結婚仲介人』(1954)を
発表した。『わが町』『危機一髪』もピュリッツァー賞に輝いている。

 

【柴幸男プロフィール】

「ままごと」主宰。「青年団」演出部所属。日本大学芸術学部在学中に『ドドミノ』で「第2回仙台劇のまち戯曲賞」を受賞。
何気ない日常の機微を丁寧にすくいとる戯曲と、ループやサンプリングなど演劇外の発想を持ち込んだ演出が特徴。代表作は
『わが星』、『あゆみ』、『反復かつ連続』など。『わが星』は09年、岸田戯曲賞最終候補に選ばれた。愛知県での公演や
ワークショップ、岐阜県可児市での戯曲講座、福島県いわき総合高校での演出など、東京を拠点に地方でも精力的に活動して
いる。2009年度春期ENBUゼミ専任講師。現在、シアターガイドにて「まちびときたる」を連載中。2010年10月にあいち
トリエンナーレにて『あゆみ』の再演を予定している。

戻る