劇場

屋根裏ハイツ「戯曲を遊びたおす研究室」参加者募集

2022年6月19日

屋根裏ハイツでは2023年1月にSTスポットで、松田正隆作『父の死と夜ノ森』(2018)を上演する予定です。それに先立ち、8月14日~17日に戯曲を遊びたおす研究室を開催します。本企画では、戯曲『父の死と夜ノ森』の一部分を参加者に覚えてきてもらい、ともに短期集中で実験的にシーンを立ち上げていきます。最終日には一般の方に立ち会ってもらうかたちで、そこで何が起きたのかをプロセスも含めて共有します。
登場人物が20人以上おり、台詞のないト書きだけの場面も多く、映画のシナリオにも近い構成を持つ今作を、どのように演劇として立ち上げることができるのか。短期間で集中して、上演のためのアイディアを試せる場となればと思います。一つの戯曲について、じっくり考えながらいろいろ遊んでみませんか。


【企画詳細】
課題戯曲:松田正隆 作『父の死と夜ノ森』

日時:
2022年
8月14日(日)~8月16日(火)13:00~19:00
8月17日(水) 13:00~21:00(成果発表を19:00頃から予定)

会場:STスポット

参加費:無料

参加定員:8名程度(書類による選考あり)

応募条件:
俳優( ※性別、年齢、国籍不問。ただし日本語でのコミュニケーションが可能な方)で下記スケジュールで参加できる方

今後のスケジュール:
6月30日・・・募集〆切
7月7日までにメールにて結果通知
8月14~17日・・・戯曲を遊びたおす研究室(毎日13:00~19:00ころ)
8月17日・・・19:00ころ 成果発表会

備考:
・本企画はオーディションではないため、1月公演のためのスケジュールは参加者選考の考慮に含みませんが、企画終了後こちらから1月公演への出演依頼をする可能性があります。
・参加に係る交通費・滞在費の支給や補助はございません。

【応募方法】
メールフォームでの応募になります。
以下の内容をこちらのフォームに入力し、ご応募ください。

・お名前
・年齢
・性別
・プロフィール(これまでの出演歴など。書式自由。あれば、これまで出演した作品の映像のリンク。次の添付資料としてまとめてお送りいただいてもかまいません)
・顔写真あるいはプロフィール資料(顔写真か、顔写真を含むプロフィール資料(書式自由)を添付してください。)
・応募動機
・屋根裏ハイツの作品を観たことがありますか。あれば、その作品の感想・印象を教えてください。(ない場合は、なし、とご記入ください。)

※応募フォームの使用が難しい方は、屋根裏ハイツまで上記内容を記載のうえメールにてご連絡ください。

【お問合せ】
屋根裏ハイツ
[mail] yaneura.heights[a]gmail.com
※[a]を@に変更して送信お願いします。
[web] https://yaneuraheights.net/

提携:STスポット/主催:屋根裏ハイツ
写真:「ここは出口ではない」(2018年/撮影:本藤太郎)
「パラダイス」(2021年/撮影:渡邉時生)

戻る