福留麻里×村社祐太朗(TPAMフリンジ STスポットセレクション参加作品) 『隙間を埋めるのにブロッコリーを使うまで』 共催

2018年2月9日(金)~2月12日(月・祝)

公演チケット予約

その晩、生命保険の推定支払額を所定の欄に記入する。翌朝にブロッコリーでお弁当の隙
間を埋める。家庭を持ったことを、私はそうやって感じた。

現実と舞台の俄な相似関係を曝いた先で、ドラマを再建する試み。

近年ではイリュージョンを排し具体を時間のうちに敷き詰めていくようなダンス作品を発
表している福留麻里と、テキストを頑と現前させる上演が話題の演劇カンパニー・新聞家
の村社祐太朗によるコラボレーション。

応援コメント


クレジット:
ダンス  福留麻里
テキスト 村社祐太朗(新聞家)
照明 吉本有輝子(真昼)|イラスト 中島あかね|フライヤーデザイン 村社祐太朗|
制作・共催 STスポット|協力 新聞家|主催 福留麻里、村社祐太朗

タイムテーブル:
2018年2月9日(金)~2月12日(月・祝)
2月9日(金)20:00★
2月10日(土)16:00★/21:00●
2月11日(日)16:00★前売完売
2月12日(月・祝)13:00●/17:00●※前売完売
*2月11日(日)16時の回のチケットの前売ご予約を2月11日(日)10時より再開します。
*上演時間45分。
*受付開始は開演の30分前、開場は20分前
*日時指定・全席自由
*未就学児の入場はご遠慮ください。
*各回終演後にアフターイベントあり。
★…アフタートーク
ゲスト*敬称略
9(金)20:00 内野儀(演劇批評)
10(土)16:00 手塚夏子(振付家・ダンサー)
11(日)16:00 伊藤亜紗(美学者・東京工業大学リベラルアーツセンター准教授)
●…意見会
作家を交えながら、本作品のご感想・ご意見を観客の皆様と話し合います。

チケット:
前売 3,000円
当日 3,500円
TPAM参加登録者特典 1,500円
*要TPAMパス提示
チケット発売:2017年12月18日(月)

会場:
STスポット

チケット取扱い・お問合せ:
STスポット
[TEL] 045-325- 0411
[MAIL] tickets@stspot.jp
[WEB] http://stspot.jp/
[予約フォーム] https://stspot.jp/ticket/
※TPAM参加登録特典チケットはオンラインでのご予約受付は終了しました。
残席ある限りは公演日前日まで、TPAMインフォメーションデスクにて受付しております。
上記の予約フォームでのお取り扱いは前売券のみとなります。

関連企画:
新聞家による小作品を上演します。

新聞家「建舞」
作・演出:村社祐太朗
日時:2月11日(日)19:30開場
会場:STスポット
詳細は新聞家ウェブサイトにて


アーティストプロフィール:
福留麻里
2001年より新鋪美佳と共に身長155cmダンスデュオほうほう堂として活動。独自のダンスの更新を試みる。
2014年よりソロ活動を開始。日常的な仕草やくり返せる動き、物の感触や佇まい、無作為なスピード感など、
身近なこと単純なことに動きのはじまりを見つけて踊る。

村社祐太朗
新聞家主宰。演劇作家。1991年東京生まれ。
和光大学表現学部総合文化学科卒業。
2013年「回航録」が第19回劇作家新人戯曲賞入選。
2014年に作・演出した小作品が3331千代田芸術祭2014パフォーマンス部門で中村茜賞を受賞。
これまで作・演出した作品に「帰る」(2016)「揃う」(2016)など。


応援コメント
福留さんはとても素敵な身のこなし方をする人だ。村社くんの作るものは観たことがないが、
打合せで会うと不敵な感じがしてなかなか良い。
お二人がどんなことを企んで、するのか気になる。でも、公演が重なって観れない。悔しい!
(七里圭/映画監督)

村杜くんはナラティブを不思議な言葉でどんどん消滅しようとする、そこに挑むことっていいな〜福留さん
(山崎広太/振付家・ダンサー)

福留さんはブロッコリーを持たせたら右に出るものはいないだろうし、村社くんはブロッコリーさえも冴えわ
たる文章として描けてしまうだろうからこの公演はそういった射程距離を含んだものになるような予想を
している。それでトントン、クツクツとしていませんか?
ホームパーティーで出すシチューのようなマイルドな組み合わせ。
ですか?
(Aokid/振付家・ダンサー)

福留麻里さんとは長い付き合いですが、彼女は様々な鋭い感覚をうまく言葉にしきれなくて、そういう何かを
別の形にしようとあがきながらダンスを作っているように感じます。今回は、新聞家の村社祐太朗さんといっ
しょに隙間を埋めるのにブロッコリーを使うまでということで、不可解ながらもつかみきれない何かに手を伸ば
す感じが伝わってきます。どんな風に手探りするのかとても楽しみです!
(手塚夏子/振付家・ダンサー)

村社祐太朗は演劇の作家としては驚くべきほど徹底的に、残酷に、身体へのアプローチを推し進めてきた。それ
は一言で言えば人間を人間でなくする試みだった。村社によってやっと演劇は、舞台芸術は、真にアート(技巧
の粋)になる、そんな気持ちにさえなってしまう。村社は猛烈なスピードでそのプロジェクトを更新していて、
もう追いつけない。今度は振付家・ダンサー福留麻里とのコラボレーション。今追いつかないと、きっと大変な
ことになる。
(木村覚/ダンス批評・BONUSディレクター)

公演情報

戻る