ヨコラボ'11C短期ワークショップ/レクチャー 『音から眺める』

11月30日(水),12月6日(火),12月8日(木)

2011年11月30日(水),12月6日(火),12月8日(木)
ヨコラボ’11C
“ダンスについて考える”短期ワークショップ/レクチャーシリーズ
『語るからだを語る』短期WS&レクチャー

C−3−1)音から眺める
レクチャー&WS講師:大谷能生
自分のやりたいことと、音楽とはどのように関係を持てるのか、過去作品の検討を通して発見する、
座学が中心のワークショップです。
1日目(終了しました。) ガイダンス
・舞台で使われている音及び音楽の役割を分類。
・20世紀音楽概論。録音された音楽と身体の関係。
・実践1 音楽を無視して動く/無視しないで動く

音楽(音)と動きが、作品のなかでどのように関係しているのかについて、
これまでの歴史的な作品のなかで色々なヴァリエーションがあるので、
まずはそれを見て分析・理解する。

2日目
過去の身体表現と音楽との関係性のバリエーションを知る。
作品鑑賞(ストラヴィンスキー&バランシン、「ボレロ」の構造とその作品化、ケージ&カニングハ
ム、ライヒ&ローザス、ピナ・バウシュの場合いくつか、無音で踊ることのヴァリエーション/イボン
ヌ・レイナー、バーンスタインとジェローム・ロビンス/「ウェストサイド物語」、マイケル・ジャク
ソンの特異性、HIPHOPとブレイクダンス、ex.

3日目 カウンセリングと実践
参加者の意見を聞きながら適宜、講師が目指す作品に相応しいであろう音源を提示します。
日程 11月30日(水)、12月6日(火)、12月8日(木)各日19時~22時

会場 STスポット(横浜)http://stspot.jp/guide/access.html

参加料金 各回2000円、通し参加4500円
(通し参加の方を優先します。当日受付にてお支払い下さい。)
受講対象者 自身のダンス作品を発表したことがあるか制作中の方

定員になり次第〆切となります。

お申し込み
以下項目をご記入の上、メールにてお申込下さい。

□お名前 □生年月日 □メールアドレス □ご住所 □お電話番号
□活動履歴 □参加希望日程
(また、当日キャンセルの場合は開始時間30分前迄に必ずご一報下さい。)

お問い合わせ、お申込先
STスポット
E-mail : ws@stspot.jp

〒220-0004 横浜市西区北幸1-11-15-B1
TEL : 045-325-0411 FAX : 045-325-0414

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
講師プロフィール
大谷能生(おおたによしお)
1972年生まれ。批評家、音楽家。1996年~2002年まで音楽批評誌「Espresso」を編集・執筆。様々な
雑誌、webへの執筆・寄稿を行い日本のインディペンデントな音楽 シーンに深く関わる。2004、2005
年と菊地成孔氏と共に東京大学教養学部にて講義を担当。『東京大学のアルバート・アイラー 歴史
編』『同 キーワード編』(菊地成孔・大谷能生/メディア総合研究所)として書籍化される。他に
も、著書を多数刊行。音楽家としては、sim、masなど多くのグ ループに参加。また映画音楽、ダンス
や演劇公演の音楽製作、コラボレーションワークなど多方面で活動している。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

文化庁委託事業「平成23年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」
助成:公益財団法人セゾン文化財団
アサヒビール芸術文化財団

協力:急な坂スタジオ 象の鼻テラス
企画制作:NPO法人STスポット横浜

————————————–
ヨコラボ’11について

STスポットでは、2009年5月より、「ヨコラボ」と称する新たな取組みを開始しました。このプロジェ
クトは、長年開催してきた若手作家育成プログラム「ラボ20」という企画から生まれたものです。身体
表現作品を作りたい、「振付」について考えたいあるいは「振付をしたい」「ダンスをしたい」という
方を主な対象に、若手の舞台表現者を育成するため、表現の創造プロセスを劇場及び講師と参加者が互
いに共有しながらそれぞれの創作をつき詰めていくワークショップとなります。年間を通じてワークシ
ョップや創作リサーチを中心に創作活動を行い、アーティストとしての自覚と方法論を確立させようと
試みます。昨年度は『ヨコラボ’10』として2つの組みが同時進行で創作をすすめました。1組はソロを中
心とした身体表現、もう1組は集団によるダンス作品を創りました。今年度「ヨコラボ’11」では中村達
哉をコースリーダーとして進めている「集団創作コース」、手塚夏子をコースリーダーとして進めてい
るダンスの調査研究コース「民族芸能調査クラブ」、そして短期ワークショップ/レクチャーシリーズ
では大谷能生(音楽家/批評家)、雨宮庸介(美術家)、清家悠圭(ダンサー/振付家)のワークショ
ップを予定しております。

戻る