趣向 『三月十一日の夜のはなし / わたしのお父さん』

3月23日(金)〜24日(土)

「三月十一日の夜のはなし」
あの夜はいい夜だった。震災の夜。女は中野の店にいた。
常連さんと一緒に、飲んで歌って騒いでいた。
妹からのメール。夫からの電話。パソコン越しに見る人々の善意。
あの夜はやさしい夜だった。女は語る。2011年3月11日。夜のできごと。

作・演出:オノマ リコ
出演:斉藤まりえ
「わたしのお父さん」
父さんが死んだ。チベットで鳥に食べられた。
どうしてチベットになんて行ったんだろう。父さんは死ぬことがわかってた。
めったに家にいなかった父さん。
お母さんと仲が悪かった父さん。
酔っぱらって、弟に怒鳴られてた父さん。
わたしを愛してなかったかもしれない父さん。
いまいち「家族」になれなかったね。そんなわたしたち、家族の話。

作・演出:オノマ リコ(2010年上演「skyburial」を改題)
出演:浅見臣樹、小田さやか、戸谷絵里
公演日時:2012年3月23日(金)・24日(土)
3月23日 17:00 / 20:00
3月24日 11:00 / 14:00 / 17:00

会場:STスポット(http://www.stspot.jp)
〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸1丁目11−1
(JR横浜駅から徒歩7分)
チケット:一般2000円  中高生1000円(各回10席限定)
2012年2月25日(土)販売開始

【チケット取り扱い】
CoRichチケット!:https://ticket.corich.jp/apply/34040/
趣向Mail:shukou2010@gmail.com(日時、人数、券種をお知らせください)

【スタッフ】
照明 :南香織
音響 :杉山碧
舞台美術:富永美夏、佐々木啓成
宣伝美術:杉崎壮一(FRAN)
制作協力:佐々木啓成

趣向
2010年オノマリコの一人ユニットとして活動開始。
かっちりとした物語を伝えることよりも、人間のなかの小さな震えや、
人間の外の大きなうねりを見せることに注目。
一人の人間と、その周囲の社会を同時に描き出す。
時空を自由にとびまわる構成と、詩的かつポップな台詞が特徴。
2010年3月、「皇帝」(横浜STスポット)
同9月、短編集「蜻蛉玉遊戯」(渋谷Gallerly LE DECO)
2011年5月、「解体されゆくアントニンレーモンド建築 旧体育館の話」(KAAT大スタジオ)

【連絡先】
趣向 MAIL : shukou2010@gmail.com
HP : http://shu-kou.com/
Blog:http://shukoushuko.blog48.fc2.com/
Twitter:http://twitter.com/shukoushukou/

戻る