福留麻里×村社祐太朗 新作公演 『塒出』 主催

2018年9月28日(金)-9月30日(日)

「間に合わないことが分かると、火からグラタン皿を外した。毛羽立つスリッパの先っぽ。包丁と同じくらい低い位置に貼られたハザードマップ。ぎぎぎ」。
語るたびに〈ここ〉に復帰する身体を通して、〈ここ〉から出て行くことについて思案する試み。

ダンサー 福留麻里と演劇作家 村社祐太朗の共作公演第二弾。


クレジット:
『塒出(とやで)』
ダンス 福留麻里
テキスト 村社祐太朗(新聞家)

照明 吉本有輝子(真昼)
イラスト 中島あかね
フライヤーデザイン 内田涼
特別協力 急な坂スタジオ
共催 横浜アーツフェスティバル実行委員会
制作・主催 STスポット
Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2018 共催
フェスティバル/トーキョー18 連携プログラム

日程:
2018年9月28日(金)-9月30日(日)
9月28日(金)20:00
9月29日(土)13:00/17:00
9月30日(日)13:00/17:00
*受付開始は開演の30分前、開場は20分前

料金:
一般 3,000円
25歳以下 2,000円
*当日券は各500円増
*25歳以下券の方は当日受付で年齢のわかるもののご提示をお願いいたします。
*チケット発売 8月5日(日)より

お問合せ:
STスポット
[TEL]045-325-0411
[MAIL]tickets@stspot.jp
[WEB]http://stspot.jp/

「隙間を埋めるのにブロッコリーを使うまで」©金子愛帆

福留麻里:
2001年より新鋪美佳と共に身長155cmダンスデュオほうほう堂として活動。独自のダンスの更新を試みる。2014年よりソロ活動を開始。日常的な仕草やくり返せる動き、物の感触や佇まい、無作為なスピード感など、身近なこと単純なことに動きのはじまりを見つけて踊る。

村社祐太朗:
新聞家主宰。演劇作家。1991年東京生まれ。2014年に作・演出した小作品が3331千代田芸術祭2014パフォーマンス部門で中村茜賞を受賞。テキストを他者として扱うことで演者に課せられる〈対話〉をパフォーマティブな思索として現前させる独特の作品様態は、演劇批評家の内野儀に「本来的な意味での演劇」と評された。作・演出した作品が批評誌「ゲンロン」や雑誌「美術手帖」にあって紹介されるなど近年注目を集めている。近作に新聞家『白む』(2017)、ダンサーの福留麻里との共作『隙間を埋めるのにブロッコリーを使うまで』(2018)など。

戻る