劇団横濱にゅうくりあ 『にゅうくりあ映像フェスティバル2017』

4月15日(土)〜16日(日)

劇団横濱にゅうくりあは、1984年9月の設立以来、53本の芝居を上演してきましたが、
その一方で重要な活動の一環として4本の映像作品(樋口伊喜夫監督 3本/
泉谷渉監督 1本)を製作・発表してきました。
今回は、これまでの作品4本を一気に上映し、あわせてにゅうくりあ主題曲集音楽ライブ、
ゆかりの深いアーティスト、別所るみ子のダンスライブも盛り込むスペシャルイベントとなります。
さらに、横浜を代表する文化人が参加して表現の現在について縦横に語るスペシャル
トークライブも開催。
プログラムの詳細は、下記の通りです。

<2017年4月15日(土)>
◆13:00~14:20(プログラム①)
「アンジュ」(上映時間:60分)
 ~タイから売られて来た貧しい売春婦アンジュが視たヨコハマそして日本の光と影を描く~
 「稀代のダンサー 別所るみ子ライブ」(20分)

◆14:30~16:15(プログラム②)
「日吉良太郎伝」(上映時間:1時間13分)
~戦前のヨコハマの大衆演劇のヒーロー、日吉良太郎の実像を追う人達の物語をドキュメンタリーと舞台映像で構成~
 「北井康一、丸本美津紀、渡辺まこみによるにゅうくりあ音楽ライブ」(30分)

◆16:30~18:20(プログラム③)
「横濱の空の下」(上映時間:1時間48分)
~京浜工業地帯に暮らす人達に勇気を与える老詩人の復活劇の中に、純愛・人生の意味を問うにゅうくりあ最新作~
   
<2017年4月16日(日)>
◆11:00~12:00(スペシャルプログラム)
「トークライブ:横浜にこだわり、横浜で活躍する文化人たちが表現の現在を語る」
(総合司会)泉谷渉(劇団横濱にゅうくりあ 代表)
(パネラー)高津一郎(劇作家・劇団麦の会 元代表)
中野敦之(演出家・劇団唐ゼミ☆ 代表) 
中村高寛(映画監督・代表作「ヨコハマメリー」)
北井康一(作曲家・保土ヶ谷コミュニティオーケストラ名誉顧問)
※このイベントは、プログラム①~⑤のいずれかのチケットを購入された方はすべて無料で参加できます。
   
◆13:30~14:50(プログラム④)
「稀代のダンサー 別所るみ子ライブ」(20分)
「山手ダンシング・クイーン」(上映時間:60分)
~山手の丘に住むという伝説の舞姫、山手ダンシング・クイーンに憧れる二人の少女が織り成す青春ストーリー~

◆15:00~16:50(プログラム⑤)
「横濱の空の下」(上映時間:1時間48分)

ご予約とお問い合わせは・・・・ <事務局> yy@apolo.jp 090-3591-3996 (担当:吉浜)

戻る