山縣美礼 『忘れ花』 提携

9月25日(金)〜26日(土)

Where is the child I was – still inside me or gone?
Why did we both not die when my childhood died?
– Pablo Neruda

人の記憶の中の私と、私の記憶の中の私。

消したいのに、消えない記憶
消したくないのに、消えてる記憶

見つかるまで、待っていて

いろんな私と、旅に出る。

振付・出演: 山縣美礼
公演日時
9/25日(金) 20:00 開演
9/26日(土) 14:00/ 18:00開演
料金:前売2,000円 / 当日2,500円 (全席自由席)
予約・問合せ先:mail@stspot.jp Tel:045-325-0411
WEB予約:コチラから

衣装:摩耶
舞台監督:鈴木康郎
音声:サエグサユキオ
照明:森規幸(balance inc. design)
主催・制作:朱鷺色卵
提携:STスポット

山縣美礼プロフィール
2001〜2003年、ミネアポリスで女優・ダンサーとして活動。帰国後は大駱駝艦無尽塾、岩下徹、伊藤
キムから舞踏と即興を学び、これまでにdie pratze(ダンスがみたい10!インターナショナルシリーズ)、
STSPOT(ラボ20)、Weisman Art Museum(National Dance Educator’s Conference)で振付作品を上
演。2007年にBankArt 1929「大野一雄フェスティバル」で一般公募作品として選ばれた『素敵な関
係』をソロで踊る。同年に自身のカンパニー「朱鷺色卵」を旗揚げし、2008年に岡田利規キュレータ
ーの「こまばアゴラ劇場夏のサミット」で『こなたかなた』を上演。西洋で学んだ「動くこと」、舞踏
で学んだ「動かされること」のバランスを探る作品作りを試みている。

Mirei Yamagata is a dancer/choreographer/actor who was based in Minneapolis (U.S.A) from 1997-
2003. After returning to Japan she has studied Butoh extensively with Dairakudakan, Kim Itoh, and
Tohru Iwashita. She has performed her pieces in venues such as die pratze, STSPOT, and the Weisman
Art Museum. In 2007 she performed her solo A Nice Relationship in the Kazuo Ohno Festival at Bank
Art 1929, and in the same year she launched the dance company Tokiirotamago. In 2008 she performed
her first company piece Konatakanata at Komaba Agora Theater under the curation of Toshiki Okada.
She is constantly searching for the balance “to move” (learned from Western technique) and “to be
moved” (learned from Butoh).

山縣美礼ブログ http://tokiiroegg.exblog.jp/

戻る