【坂あがりスカラシップ2011】募集中! 締切:5月22日(日)必着

5月22日(日)

本事業では、公演をおこなう上で必要不可欠な劇場や稽古場を無償で提供するだけではなく、作品制作
の企画段階から上演までの期間、稽古場・劇場スタッフがアーティストと密にコミュニケーションをと
りながら、制作過程で生じる課題の解決や挑戦したいことの実現に向けて共に考え取り組んでいきま
す。

普段よりもコミュニケーションを重ねて作品制作を行うことは、手間がかかると感じるかもしれませ
ん。しかし手間をかけた分、応えとしてかえってくるものは、今後の創作活動に大きな効果をもたらす
のではないかと私たちは考えています。

「横浜」での作品制作の中で得られたものが、発展性を持ちながら成長していくことを期待して、これ
から経験を積んでステップアップをしていきたい熱意のある方からの沢山のご応募をお待ちしていま
す。長期的な視点で、これからの舞台芸術分野において新たな風を起こす可能性があるアーティストや
カンパニーを応援していきます。

【坂あがりスカラシップによせて】

「結果がすべてなので」
坂あがりスカラシップ2009・10対象者 神里雄大(岡崎藝術座主宰)
作品をつくるのに、つくる環境がとても重要である、ということを実感したのはスカラシップを通じて
でした。どうであれ結果がすべてと思っていました。結果がすべてなのは今でも変わりありません。そ
のすべてである結果を得るための環境を獲得することは、やはりすべてである結果のためのひとつの
(そしてかなりの)重要な要素だということを思い知ったのです。つまり、環境を考えないといままで
は気合と能力でなんとかなっていたとしても、やがて行き詰まるということです。そして環境とは、過
程を見て褒めてくれるとか的確なアドバイスをくれるとかいうよりももっと根本的な、緑が多い街みた
いな意味で、作品をつくるうえで気持ちのよいインフラのことです。

「さかのぼる、さかのぼる、さかあがって、さかあがる、まで。で、回転したあとの風景は。」
坂あがりスカラシップ2010対象者 藤田貴大(マームとジプシー主宰)
僕は誰かと話さなくちゃ、どんどんと一人ぼっちになってしまうから、それで話す相手を探すんだけ
ど、本当に話せる人ってあんまりいなかったから。それに話す相手を間違えた時のあの感じって極力避
けたい、よね。色んなとこから耳に入ってくる雑音って、やっぱりあって。それらを無視してどう自問
自答して自力のみで進んでいけるか、それは作品の粘り気とか頑固さとかに影響してくるじゃないです
か、そういう自己とか自我とかってことを考えた時に、今は横浜って僕の中心あたりに位置している、
っていうのは、横浜には聞いてくれる人たちがいた、考え続けていい場所があった。勘違いしちゃいけ
ないのは、その人たちは、場所は、守っちゃくれない、やっぱり考えるのは、僕。なのだ。でも、その
人たちは、場所は、見ているんだ。僕を。作品を。マームとジプシーを。僕らって無視されるのが一番
キツい、よね。じゃあ、見ている人たちがいて、場所がある、ということは、どういうことか。僕は作
家として、この環境で、ただひたすらに作品を研ぎ澄まそうとしているのである。

募集詳細(終了しました)
【支援内容】
1:稽古場の提供 → 急な坂スタジオ
2:公演会場の提供 → のげシャーレ・STスポット
3:制作プロセスにおける支援→急な坂スタジオのげシャーレ・STスポット
例)広報宣伝支援、アドバイザー派遣、ドラマトゥルグ派遣等の仲介
※支援内容については対象者決定後、ヒアリングの下に決定されます。

【対象期間】2011年6月1日(水)~2012年3月31日(土)
◎稽古場(2~4週間)
公演日程として設定された2~4週間前より稽古場(急な坂スタジオ)を確保します。
◎公演会場(1~2週間)
※上記期間より、申請書にて申告した公演希望会場および日程をもとに、
スカラシップ事務局との協議の上、公演日程を決定いたします。

【応募資格・条件】
●若手であり、舞台芸術(演劇やダンス等)における継続的な創作活動を行っていること
※年齢不問
●対象期間内で公演を開催できること
●プロセスの公開が可能であること
※公開稽古やアフタートーク等
●「坂あがりスカラシップ」を経た今後のビジョンを持っていること

【応募に際しての注意事項】
・営利を目的としている活動、政治的または宗教的な宣伝意図があるものは対象外となります。
・施設の附帯設備以外の機材等は各自ご負担していただきます。
・消防申請・JASRAC申請等は各自でおこなってください。
・公演を開催する際の広報物への「坂あがりスカラシップ事業」のクレジット表記をお願いします。

【応募方法】
下記書類を揃えて郵送または持参にてご提出ください。
1.坂あがりスカラシップ申請書 (様式1)
2.予算書 (様式2)
3.企画書 (様式自由)
4.過去の活動がわかる資料 (チラシ・パンフレット・写真・映像等)
※作品や創作の雰囲気を掴める「映像資料」を必ずお送り下さい。(作品映像やコメント等)
※添付資料は原則返却いたしません。返却を希望される方はお申出ください。

【様式ダウンロード】 Microsoft Word doc形式 / PDF形式

【応募締切】2011年5月22日(日) ※必着、持込可

【決定時期】2011年5月31日(火)
対象者は最大3組を予定しております。結果通知は応募者全員にお送りします。

【選考方法】
書類選考と面接選考をおこない、坂あがりスカラシップの審査会で決定します。

【応募書類送付先・お問合せ】
坂あがりスカラシップ事務局
〒220-0032 神奈川県横浜市西区老松町26-1 急な坂スタジオ内
TEL:045-250-5388 E-mail:scholarship[a]kyunasaka.jp
※[a]の部分を@に変えてご連絡下さい。
※個人情報の取扱いについて
応募いただいた内容は坂あがりスカラシップ事業以外に使用することはありません。

【施設見学について】
稽古場(急な坂スタジオ)と公演会場(のげシャーレ・STスポット)の見学は
施設の利用が入っていない時にご見学いただけますので、各会場へお問合せ下さい。

主催:急な坂スタジオ・STスポット・横浜にぎわい座
助成:アサヒビール芸術文化財団

戻る