[協力配信]黄金町バザール2011 参加アーティスト公募中!

はじめに

『黄金町バザール』は、アートによるまちの再生という大きなテーマのもと、継続的に活動を展開して
いるNPO法人黄金町エリアマネジメントセンターが主催するアートフェスティバルです。横浜市中区黄
金町エリアを会場に、2008年より毎年秋に開催、これまでに国内外のアーティスト、キュレーター、
建築家合計約60組を招聘し、ホワイトキューブを持たない現実の空間の中で、現在のアートが取組む重
要な課題について探ってきました。『黄金町バザール2011』では制作プロセスそのものに焦点をあて、
新たな試みとして、黄金町での制作とその成果の発表を含め、約3ヶ月間で展開するプロジェクトプラ
ンを募集します。アート、デザイン、建築、音楽、パフォーミングアーツなど、幅広い分野からの募集
をお待ちしています。
コンペ概要

◆募集内容
滞在制作とその成果発表を含めた3ヶ月間、主催者が提供する施設を有効に活用し、
公開性の高いプロジェクトのプランを合計で10企画募集します。
なお、提出する企画は、未発表のオリジナルのものに限ります。

◆展覧会の実施期間
平成23年8月1日(月)〜平成23年11月6日(日)
*企画内容により黄金町での制作時期と長さは調整が可能ですが、基本パターンは以下の通りです。
制作期間:2011年8月1日(月)〜9月1日(木)
展示期間:2011年9月2日(金)〜11月6日(日)

◆実施可能場所
1.元特殊飲食店舗空間
未改修の物件を含みます。一戸当りの平均面積は約20㎡の2階建てです。
宿泊しながらの制作が可能です。

2.既存のスタジオ
高架下スタジオの一部、元特殊飲食店舗空間が含まれます。宿泊はできません。

3.その他、屋外空地や壁面、ショーウィンドー、店舗(飲食店等)の一部など主催者の管理外の場所
についても、プランを受け付けます。プランが審査を通過した後、主催者が所有者と交渉・調整を行い
ますので、応募者による実施場所への事前の立入り調査・問合せ・交渉等は、所有者の方へのご迷惑と
なりますので固く禁じます。また、交渉が成立しない場合は、プランの変更をお願いする他、プラン採
用自体の見送りもあり得ます。

*プランの中で希望の実施場所を指定して頂けますが、
審査の後、主催者より希望とは異なる実施場所を指定する場合があります。

◆会場下見と説明会
募集期間中に説明会を以下の日程で開催します。会場下見では、実施可能場所の一部をサンプルとして
公開します。説明会への参加・不参加は合否に影響ありません。

5月14日(土)13:00〜15:00 →黄金スタジオ集合(横浜市中区黄金町2−7先)

◆応募資格
国籍・年齢不問(グループも可)
応募方法(終了しました)

◆応募期間
平成23年5月1日(日)〜平成23年5月31日(火)必着

◆提出書類
A4のポケットファイル1冊に以下の内容をまとめて提出してください。
様式1〜3は、当ウェブサイトからダウンロードしてください。

1.応募用紙(→様式1:ダウンロード PDF/251KB)
2.企画提案書(→様式2:ダウンロード PDF/240KB)
*1名につき、1企画のみの提出です。複数プランの提出は、応募資格を失うことになります。
実際の作品は受け付けませんのでご了承下さい。
3.収支予算書(→様式3:ダウンロード PDF/111KB)
4.ポートフォリオ(過去の作品写真や活動記録など)
*映像作品の場合は1作品5分以内に編集したDVDを添付し、
ディスクの表面に氏名を明記してください。

◆提出方法
郵送または事前に連絡のうえ持参してください。メールでの提出は受け付けません。
応募期間の最終日は、事務局開所時間内(10:00〜19:00)に下記提出先に持参していただくか、
郵送の場合は同日必着とします。

◆提出先
「黄金町バザール2011」企画公募係
住所:〒231-0066 横浜市中区日ノ出町2-158
黄金町エリアマネジメントセンター
TEL:045-261-5467

◆その他
申込書は返却いたしません。ポートフォリオの返却を希望される場合は、
郵送料金を貼った返信用封筒を同封してください。

選考方法

◆選考委員
飯田善彦(横浜国大建築都市スクール(Y-GSA)教授、飯田善彦建築工房代表)
逢坂恵理子(ヨコハマトリエンナーレ2011総合ディレクター、横浜美術館館長)
大平勝弘(STスポット館長)
小川希(Art Center Ongoing 代表)
鈴木伸治(アーバンプランナー、横浜市立大学准教授)
曽我部昌史(建築家、神奈川大学教授)
山野真悟(黄金町バザールディレクター)、他

◆審査の流れ
→1次審査(書類選考)と2次審査(プレゼンテーションと質疑応答)を行います。
→1次審査の結果は2011年6月上旬に事務局から書面、またはメールでお知らせし、
審査を通過された方へは、2次審査の日程調整をお願いします。
→2次審査には、必ず企画者本人(グループの場合は代表者かそれに準じる者)が出席して下さい。

◆主催者によるサポート
提出プランに応じて、20万円から100万円までの助成を行います。
*提出された予算計画書を部分採用する場合もあります。

◆支払方法
助成金額は源泉徴収した額を、展示終了後に、指定された口座に振り込むこととします。
ただし、前払いする必要がある場合は、協議のうえ、3回に分割して支払います。

◆主催者によるその他のサポート
展示会場使用料(光熱費含む)は事務局が負担します。
「黄金町バザール2011」の参加企画として、主催者が広報を行います。
■お問合せ

黄金町エリアマネジメントセンター
担当:平野
メール:info@koganecho.net
HP:http://www.koganecho.net/
電話:045-261-5467
FAX:045-325-7222
住所:〒231-0066 →横浜市中区日ノ出町2-158[MAP]

*ご質問のある方は説明会にご参加下さい。
応募に関するご質問は、原則としてメールとFAXのみで受け付けます。

戻る