サーカムスタンス オーディション/WS参加者募集

2月8日(水)

現在、STスポットではイギリスのアーティストグループ「サーカムスタンス」を横浜に1ヶ月間招聘し、新作を製作しています。その新作を共に制作するパフォーマーを募集します。2月8日にワークショップ形式のオーディションを開催し、2名のパフォーマーを選出。2月に数日間のクリエーションワークを行い、新作の試作を行います。本公演は2012年秋に横浜での上演を予定しています。
※サーカムスタンスは、2011年8月に「サトルモブ」という作品を横浜で上演しました。
http://stspot.jp/news/201177-1.html

アーティストプロフィール
サーカムスタンスは、公共空間で生じる偶発性とテクノロジーを用いた様々なプロジェクトを展開し、日常に潜む詩情を現実の空間に顕在化させるアーティストグループです。
過去の作品については、ウェブサイトをご参照ください。
http://productofcircumstance.com

今回の新作ではワイヤレスビデオを持ちながら、街中を参加者が歩くパフォーマンスを制作します。都市空間で生じる分断や区別に着目し、パフォーマンスを通じて映画のように現実社会を編集することができればと考えています。

募集にあったって ―アーティストメッセージ
なんらかの舞台経験のあるパフォーマーを、2名募集します。2名のパフォーマーは、観客を街中へ案内する役割を担います。また公共空間でのパフォーマンスで予期せぬ事態が起きた時に、柔軟に対応できるパフォーマーを求めています。豪華なショーではなく、日常の中の繊細さや優しさを表現するパフォーマーが必要です。あなた自身を表現することができるパフォーマーと、対話しながら仕事がしたいと思っています。

募集概要
オーディションを兼ねたワークショップを下記の日時で開催します。参加者の中から2名のパフォーマーを選出し、制作を経て2月中に横浜で試作を上演する予定です。

開催日程:2012年2月8日(水) 19:00-22:00

会場:黄金スタジオ(最寄り駅、京急「日の出町」駅)

参加費:無料

対象:英語でコミュニケーションを取ることが可能な方
こちらが指定する日程の中から、5日程度参加可能な方

報酬について
新作のパフォーマーに選出された場合、一日あたり10,000円(税込)の報酬が支払われます。

スケジュール
2012年
2月5日(日)ワークショップ/オーディション申込み〆切
2月6日(月)結果通知(参加の可否をお知らせします/応募者多数の場合は、先行を行います)
2月8日(水)ワークショップ/オーディション@黄金スタジオ
2月9日(木)選考結果通知

応募要項
下記の内容を英語で記載したメールを air@stspot.jp までお送りください。
(2月5日(日)〆切)
・氏名・連絡先(電話番号・メールアドレス)
・略歴
・参加を希望する理由
・過去の代表的な活動紹介(ウェブサイトのリンクなどでも可)
・お気に入りの映画の1シーンとその理由
・下記の日程の中で参加可能な日時(時間帯の調整は可能です。詳細をお書きください。)
2月10日(金)・12日(日)・13日(月)・14日(火)・16日(木)・17日(金)

CALL FOR PERFORMERS FOR COLLABORATION WITH UK ARTISTS
‘circumstance’, the artists who created the subtlemob in Yokohama, are working on a new performance and would like to collaborate with 2 Japanese performers.
This will be a paid commission for you and we will hold a workshop/audition
on the 8th February.

ABOUT ‘CIRCUMSTANCE’
We try to create cinematic experiences in unusual locations, we use mobile technology, performance, music and the poetics of everyday life. To see some examples of our work please visit http://productofcircumstance.com
For this project we are interested in creating a walking performance around a city using wireless video connections. We are interested in separation and disconnection in urban environments, we are interested to see if it is possible to ‘edit’ real life as if it were a film.

‘WHAT WE ARE LOOKING FOR’
We are looking for two performers with experience in live performance. We imagine the role of the performers will be to guide audiences through the city, while creating images of connection with the other performer.
We are looking for artists who can improvise and respond well in unexpected situations in public places. We are not looking for spectacle or show, we are interested in subtle, gentle performance of everyday life. We want you to be able to perform as ‘yourself’.
We also need people who can communicate in Japanese and English (sorry!)

‘APPLICATION’
We will run a workshop on the 8th February from 7pm – 10pm that will explore some of the ideas of the project, from this workshop we will invite two participants to work with us on developing the first version of the piece which we hope to show during TPAM.
To apply please send us –
– Your name and contact details
– Your resume
– A short paragraph explaining why you would like to take part
– Some examples of your previous work ( this can be a web link)
– Tell us one of your favourite scenes from a film and why
– Let us know your availability on any of the following dates (you can specify day or night time)
February
10th 12th 13th 14th 16th 17th
Please send to [ air@stspot.jp ] by midnight on Sunday 5th Feb

PAYMENT
You will receive 10000 Yen per day if you are selected to work on the project.

SCHEDULE
– 5th Feb Deadline for receipt of application
– 6th Feb Notification of acceptance for workshop/audition
– 8th Feb Workshop/Audition at Kogane-Cho, Yokohama
– 9th Feb Notification of selection for project.

戻る