野村誠の老人ホームRemix#2 ドキュメンタリーオペラ”復興ダンゴ” 提携

2月18日(土)~2月19日(日)

音楽・映像・ダンス・写真で見せる新しい舞台。

戦後の復興を語る老人の身体から、現代的な問題を炙り出す意欲作。

東日本大震災は津波と原発事故を引き起こし、放射能が日本中を汚染した。現在も被曝の渦中にいるぼ
くらは、新たな生き方の模索を強いられている。一人のアーティストとして、この状況に何か貢献でき
るだろうか?ぼくは悩んだ末に、戦争を経験したお年寄りの言葉を題材に舞台を作ろうと決心した。戦
後の復興の中に、何かぼくらにとって参考になるヒントがあると直感したからだ。早速、お年寄りたち
とのワークショップを開始し、彼らの言葉、声、音楽、身体の表情など、様々な形でメッセージを受け
止めた。そこには、数々の驚きがあり、希望とヒントがあった。それらを映像、写真、ダンスとしてド
キュメントし、舞台作品「ドキュメンタリー・オペラ」として再構成(=REMIX)した。それは、映
像、写真、ダンスを伴うコンサートのようでもあり、生演奏とダンスを伴うドキュメンタリー映画のよ
うにも見えるだろう。(野村 誠)

I am a composer and pianist. On 11th March 2011 there was a terrible earthquake which caused tsunami
and the disaster of Fukushima Nuclear Power Plants. The radioactivity has contaminated all over Japan
and the Pacific Ocean. Since then I have been wondering how I, as an artist, could contribute to solving
these terrible situations and made my decision that I would have to create a documentary opera in
collaboration with old people who had experienced the Pacific War. Because I thought that the clue to
revive from this disaster seemed to lie in how they had revived from the war. Then I started creative
music workshops with them and a video artist, a photographer, and a choreographer documented their
voices, physical and musical expressions. Finally we created a multimedia work which is composed from
music, video, dance, and photos. It will be like a concert with video, photos and dance accompaniment,
but also like a documentary film show accompanied by live music and dance performance. (Makoto
Nomura)

●出演者 / Perfomer
野村誠 Makoto Nomura | 作曲家 / ピアニスト Composer / Pianist
「プールの音楽会」(あいちトリエンナーレ2010)、 白井剛との「Physical Pianist」、振付が作曲に
なっているガムラン作品「ペペロペロ」など身体性の高い音楽を発表。山下残「動物の演劇」、遠田誠
+高須賀千江子「福岡市美術館REMIX」などの音楽を作曲。日英共同の「ホエールトーン・オペ
ラ」、アジアの即興「i-picnic」、鍵盤ハーモニカ・オーケストラなどに取り組む。第一回アサヒビー
ル芸術賞受賞。「老人ホームに音楽がひびく」(晶文社)ほか著書、CDが多数ある。新プロジェクト
は「原発やめます」。

砂連尾理 Osamu Jareo | 振付家 / ダンサー Choreographer / Dancer
1991年、寺田みさことダンスユニットを結成。近年はソロ活動を展開し、舞台作品だけでなく障がいを
持つ人や老人との作品制作やワークショップを手がける等、ジャンルの越境、文脈を横断する活動を行
っている。近年の作品に、Theater Thikwaとの日独共同制作「Thikwa-循環プロジェクト」(ドラマト
ゥルク・中島奈那子)、舞鶴のお年寄り達との「とつとつダンス」、垣尾優、Hyslomとのゲリラ的な
活動「The pursuit of new possibility」等がある。神戸女学院大学非常勤講師。

上田謙太郎 Kentaroh Ueda | 映像作家 Video artist
1984年、神戸生まれ。2008年よりアート・ワークショップの映像記録、ビデオ教材、演劇、音楽コン
サート、プロモーションビデオなど、様々なフィールドで映像制作を行う。2010年より東京藝術大学大
学院にて劇映画の編集を学ぶ。現在、長編ドキュメンタリー映画を制作中。

杉本文 Aya Sugimoto | 写真家 Photographer
大学卒業後、出版社勤務を経て活動を開始。雑誌、書籍、個展等で写真や文章を発表する他、音楽家、
美術家との共同作業にも携わる。近年はジプシー(ロマ)の人々の魅力を探り東欧を取材撮影、写真
展、トークイベントを展開。著書にクレオールの島国を取材したフォトエッセイ『セイシェルー光と風
が遊ぶ島』(京都書院刊)。

●スタッフ / Staff
調律:上野泰永
照明:伊藤泰行
コーディネイト:吉野さつき
協力:野村公美子 菊池由紀子 大澤寅雄

●公演日時 / Date 2012/02/18〜02/19
本公演は全日程、前売りのご予約を〆切らせていただきました。
尚、当日券は各回若干枚販売致します。
2/18(Sat)19:00
2/19(Sun)14:00
2/19(Sun)18:00
※開場は開演の30分前
Doors open at 30 minutes prior to the start of the performance.

各回終演後にトークがあります。
18日 19時 野村誠、砂連尾理、吉野さつき
19日 14時 野村誠×木ノ下裕一(木ノ下歌舞伎)
19日 18時 野村誠、上田謙太郎、杉本文

●チケット / Ticket
前売学生/2000円 前売/2500円 当日/3000円

●ご予約 / Booking
web http://www.stspot.jp/ticket/remix2012/
tel 045-325-0411(STスポット)

●お問い合わせ / Contact
mail sakuraen314@yahoo.co.jp

プロジェクトブログ http://sakuraen.blogspot.com/
主催:さくら苑プロジェクト実行委員会
提携:STスポット
助成:ACY 横浜における創造的活動助成 先駆的芸術文化活動部門
協力:特別養護老人ホームさくら苑
NPO法人エイブル・アート・ジャパン
アートミーツケア学会
ピアノ協力:京滋ピアノ調律 (株)ピアノプラザ
国際舞台芸術ミーティング(TPAM)in 横浜 2012
TPAMショーケース参加作品

戻る