N.N.N.4〜踊りあかして、また踊る〜 主催

2013年8月2日(金)〜4日(日)

■出演者
 公募選出:宝栄美希+石山優太 伊藤麻希+ハタヤマン
 ゲスト:kopic(Ring Ring Prize受賞者)

■日時:2013年8月2日(金)〜8月4日(日)
    8/2(金)20:00
    8/3(土)15:00/19:00
    8/4(日)15:00/19:00
    *受付開始・開場は開演の30分前より開始

■チケット
 料金:前売¥2000 当日¥2200 学生¥1800 高校生以下無料(全席自由)
 ご予約:WEBフォーム http://www.stspot.jp/ticket/nnn4/
     TEL:045-325-0411
     Mail:tickets@stspot.jp

■お問い合せ:STスポット
 TEL:045-325-0411 Mail:mail@stspot.jp
 URL:http://stspot.jp 

■スタッフ
 舞台監督:熊木進   音響:泉田雄太
 照明:しもだめぐみ  撮影:金子愛帆
 宣伝美術:高田真希

 企画制作:STスポット
 監修:KENTARO!!
 主催:NPO法人STスポット横浜  共催:横浜市
 後援:横浜アーツフェスティバル実行委員会
 助成:公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団 神奈川県
 特別協力:急な坂スタジオ 

□参加作品

ヤドカリ2

・宝栄美希+石山優太 『ヤドカリ』
宝栄主宰のCI部で共演し、また各々がクリエイターとして作品発表を行う二人が改めてタッグを組む。
この二人でなくてはならない理由はないがこの二人でやるから目指せるところがある。
似ている訳ではないが違う訳でもない。
体の成長に合わせて住む家を探し取り替えるヤドカリのように、自分の求める形を探す二人が手探りで探し当てた作品。

振付・構成・出演:宝栄美希 石山優太

[PROFILE]
宝栄美希
石川県出身、幼少よりモダンバレエを石田翔湖に師事。
2008年日本女子体育大学にて舞踊学を修了、卒業後一年間国内外でフリーのダンサーとして活動し、
その後LabanCenterに留学。帰国後国内でソロダンサー・振付家・指導者として活動を全国展開させている。
2008年横浜ソロ×デュオコンペティション2008にソロ作品『Line』で出演。審査員賞・MASDANZA賞受賞。
またコンタクトインプロヴィゼーションを基盤としたダンスパフォーマンスグループCI部を立ち上げ主催。

石山優太
茨城県出身。筑波大学体育専門学群を卒業。舞踊の授業において、
からだを存分に動かすことができる身体表現の自由さに魅力を感じ、表現の活動を始める。
これまでに様々なコンテンポラリーダンスの舞台に参加し、近年では自らの作品も発表している

itomaki

・伊藤麻希+ハタヤマン 『譚々』
毎朝、部屋の植物に水やりをする。
日々少しずつ、成長していたり枯れていたりする。
たん たたたたん たたた たん たん
たん たたたたん たたた たたた たたた
昼頃、ふと植物たちに目を遣ると、
朝にはまっすぐだったはずの豆苗が、窓に向かって全員曲がっている。
今日の夕飯は彼らにしよう。

振付・構成:藤麻希
出演:伊藤麻希 畑山良太

[PROFILE]
今回は、自称”ライブのときには人が変わったように激しいドラム裁きをする”らしい畑山良太氏を客演に迎え、
作・演を伊藤麻希が担当します。

伊藤麻希
1987年5月18日静岡県磐田市生まれ。立教大学大学院 現代心理学研究科 映像身体学専攻卒。
趣味・特技は、裁縫、字を書くこと、電車の中での読書。
中学から主にダンスの作品を発表、近年舞台公演作品を集団で制作する場合は”fundada”というグループで行う。
担当は責任者。その他にダンス・演劇・映画の客演や即興ライブ出演など。

畑山良太
1989年4月4日宮城県大崎市生まれ。立教大学大学院 現代心理学研究科 映像身体学専攻在籍。
趣味・特技はドラムセットに触ること、映画鑑賞。ロック・パンクバンドでドラムを叩くことが多いです。

写真

・Kopic『雨と死神』
一年前までニートで栄養失調だった友達とこの前会ったとき、「今ってスケスケの服が流行ってんの?
こんな素晴らしい時代が来ると思わなかった、毎日下着の透けた女子が街で見られるなんて、
一年前死んだりしないでほんとよ かった。」と話していて、あ、こいつの部屋にもいたんだなと思いました。
そして誰しもかなり身近な存在として居て、わたしたちが今生きていられるのは、
ただ見つけられないで済んだ確率くらいなものだと思うのです。
外は雨模様、部屋は荒れ模様な日は特に。

振付・構成・出演:服部未来(kopic)
出演:チョロQ
音楽:島崎隆輔(kopic)
ドラマトゥルク:高田真希(kopic)

[PROFILE]
kopic
震災の時に一緒にいた3人、服部未来、高田真希、島崎隆輔によって結成されたダンスユニット。
NNN2出演を皮切りに活動開始。 その後、個々の活動優先の為グループとしては飽和状態に。
公演から一年以上の時を経てSTスポットより突然の受賞。動揺を隠せない。
この度、服部未来の(ほぼ)ソロプロジェクトとして再始動。

服部未来
多摩美術大学映像演劇学科卒業後、ダンサーとして活動開始。
kopic、くたばれ!ネンネンズのユニットで作品を発表。ソロでは8ミリ映像を使ったダンスを制作。
過去にトランスアーツトーキョー、中之条ビエンナーレ等の芸術祭で踊る。
東京ELECTROCK STAIRSダンサー、ラップと座敷童担当。

チョロQ
人間、♂。推定24歳。渋谷に棲息するパーティー野郎。
リーダー気質だがどこかヌケててふわふわしてる、自由人。存在感を消したり出したり出来る。
自分ではブレイクダンスだと思ってやってたものがコンテンポラリーダンスだったと最近気付く。(文、服部)

戻る