地域連携

【終了しました!】障害・アート・身体を考える報告会:福祉施設での実践報告~芸術家とともに過ごす時間~

2017年2月22日

この報告会では、STスポット横浜のコーディネートにより、実際に芸術家とのワークショップを実施した福祉施設職員
の方をお招きし、取組みの内容や実施を通して感じたことなどをお話ししていただきます。
是非ご参加ください。


日時:3月8日(水)19:30~21:00
場所:STスポット(横浜市西区北幸1-11-15 横浜STビル B1)

ゲスト:中村麻美さん(地域活動支援センター ひふみ 施設長)
荒木傑さん(障害者地域活動ホーム みどり福祉ホーム 所長)

【ひふみ×美術】
地域活動支援センター ひふみ(横浜市神奈川区)は、精神障害のある人が地域の中で安心して生活するための居場所づくり
を目指している。同施設では2016年6~7月に、小野亜斗子さん・轟岳さんによる造形ユニット、ドゥイによるワークショッ
プを実施。施設に新設されるカフェの看板づくりを3回で行った。

【みどり福祉ホーム×ダンス】
障害者地域活動ホーム みどり福祉ホーム(横浜市緑区十日市場町)は1986年にに完成した、重度重複障害者の日常を支える
施設。同施設には、2017年2月~3月に、ダンサー・振付家の上村なおかさんが3回に渡って訪問。利用者のみなさんと、身体
を使ったやり取りを楽しみながら、動きやダンスをつくっている。

■対象 障害のある人との創作活動に関心のあるアーティストやコーディネーター。アーティストとの協働
に関心のある、障害のある方、福祉・教育・行政関係の方など。さまざまな方の参加をお待ちしております。
■料金 500円(要予約)
■申し込み 件名を「3.8報告会」とし、
お名前(ふりがな)/人数/ご住所をメールで
community@stspot.jpまでお送りください。

お問い合わせ:STスポット横浜 地域連携事業部
Tel:045-325-0410 Mail:community@stspot.jp Web:http://stspot.jp/
文化庁委託事業「平成28年度戦略的芸術文化創造推進事業」
主催:文化庁、STスポット横浜 制作:STスポット横浜

チラシは下記よりダウンロードください。
3/8 障害・アート・身体を考える報告会:福祉施設での実践報告~芸術家とともに過ごす時間~

戻る